マレーシアで就職するために必要なこと

マレーシアで就職するために必要なことや、やっておきたいこと!

何度でも訪れたい人気の観光地として有名な「マレーシア」は東南アジアではありますが、
マレー語をはじめ、英語や中国語といったさまざまな言語が飛び交う国際的な国であることが特徴です。
それに、人種のるつぼといわれるだけあり、外国人労働者も多く受け入れているマレーシアでは、
英語だけを中心に話す人もいれば、英語を話せない国の人たちも案外多かったりするため、
現地で仕事をするのであれば「語学力」はないより、あったほうが良いのは言うまでもありません。
そこで今回は、語学力をはじめ「マレーシアで就職するために必要なこと」、
それに「やっておきたいこと」を中心にいくつかご紹介します!!
  • マレーシアで就職に有利な「語学力」!

はじめに、誤解がないように言いますと、マレーシアに就職するために
必ず「語学力」が必要になるとは限りません。
しかし、語学力が高いほどマレーシアでの就職活動にプラスに働くことは間違いないので、
本気でマレーシアで働きたい、仕事選びの選択肢を広げたいというときには
早いうちから語学力アップのための勉強をはじめましょう!
マレーシアの企業では、基本的に「英語」を社内会話として使います。
日系企業に勤めるようなときには日本語通訳が社内に常駐していることもありますが、
そうでない場合も多いので英語を話せることで就職先の幅を広げることができるでしょう。
英語を話せて、かつ実務経験があるという人は、現地採用として勤めていても即戦力として期待されますし、
通訳がいなくても社内スタッフや取引先の人と商談をすることができて有利です。
マレーシアでの就職活動をはじめるまえに語学留学にいくのも良いですし、
海外就職をするためにマレーシアに短期留学するのも良いでしょう。
マレーシアでインターンシップの経験を積むこともできますし、日本で英会話教室に通うのもいいでしょう。
とにかく与えられた時間のなかでどれだけ語学力を向上できるかといったことを考えながら、
日々努力を続けていくことが大切なことです。
  •  言語以外でも「コミュニケーションを図れる」スキルが必要!!

マレーシアで仕事をすると、さまざまな言語を話す人たちと関わることになるので、
必然的に日本語や英語以外の方法で「コミュニケーション」を図るようになります。
もし社内スタッフと仕事以外のことで話をしたいと思ったら、
通訳を介さずに身ぶり手ぶりを使って自力で何とか会話を成り立たせる必要があります。
たくさんの民族がいて、多様な言語を扱うマレーシアに就職することは、
言葉が通じなくても相手に何かを伝えたいと思う強い気持ちが大事ですし、
言葉が話せなくても友好的な絆を深めるためには
日頃からコミュニケーション能力を意識的に養っておく必要があるのです。
avシステム・広島のセキュリティシステム

音響 広島

callシステム



LLシステム